日本遺産

里沼(SATO-NUMA)
「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化

twitter
日本遺産
里沼(SATO-NUMA)
「祈り」「実り」「守り」の沼が
磨き上げた館林の沼辺文化

Access

里沼を巡る

尾曳稲荷神社
キツネの伝説とともに語り継がれる稲荷神社
群馬県館林市尾曳町にある神社。天文元年(1532)赤井照光が、館林城築城の際、城郭の北東隅(鬼門)の方位にあたる地に、守護神として創建しました。
そのため当時の館林城本丸と相対し、神社建築としては珍しい西向きの社殿となっております。
尾曳稲荷神社(参門)
尾曳稲荷神社社殿
尾曳稲荷神社白ぎつね
住所 〒374-0019 群馬県館林市尾曳町10-1
電話番号 0276-72-1293
駐車場 無料
一覧に戻る
ページトップ