日本遺産

里沼(SATO-NUMA)
「祈り」「実り」「守り」の沼が磨き上げた館林の沼辺文化

twitter
日本遺産
里沼(SATO-NUMA)
「祈り」「実り」「守り」の沼が
磨き上げた館林の沼辺文化

Access

里沼を巡る

上三林のささら
約400年にも及ぶ伝統があるといわれており、古来から地区の守り神の雷電神社に奉納されている獅子舞です。
「実りの沼」の多々良沼から大谷休泊が用水掘を開削したといわれる下休泊堀(現在の新堀川)沿いに伝わる江戸時代からの行事で、五穀豊穣を願って2年に一度行われます。
上三林のささらは、先に行われた日本遺産「里沼(SATO-NUMA)」シンポジウムでも披露され、多くの来場者を魅了しました。
一覧に戻る
ページトップ